陸上部に入部したら必要な物5つ!

<

これから陸上を始める新中学1年生、新高校1年生の部活生さん必見!                    学校やチームによって違いが出てきますが、陸上部に入部したら必要な物をまとめてみました。                               陸上競技って走っている姿はよくみかけるけど、使っている道具やウェアに関しての情報って少ないですよね。入部してからすぐに練習のスタートがきれるように、事前に必要な物を確認しましょう!

【陸上専用スパイク】

サッカースパイクや野球スパイクがあるように、陸上競技にも専用のスパイクシューズがあります!       短距離用・長距離用・跳躍用など種目に特化した専用モデルや、複数の種目に対応するオールラウンドモデルがあります。履きやすさや耐久性にこだわった初心者モデルもある為、まずはそこから履き始めてスパイクに慣れることをお勧めします。主に学校のグラウンド(土)や陸上競技場(ゴムのトラック)で使用。

【アップシューズ(運動靴)】

短距離選手はスパイクを使用する前の動きづくり(もも上げやハードルジャンプ)の時に、長距離選手は練習時にスパイクの替わりに使用することが多いです。                                 通学や体育の授業のシューズと兼用する人もいますが、種目や練習メニューに合ったシューズを選ぶことで練習効果をより高め、ケガの予防も期待出来ます。耐久性の面も含めて部活専用のシューズを準備する事をお勧めします!

【ユニフォーム】

チームで揃えたデザインのウェアで、試合の時に着用。陸上のユニフォームには複数種類がある為、種目によって違ったり、種目が同じでも人によって恰好が異なる場合があります。                                  一般的には、ランシャツとランパン・ランシャツとタイツを組み合わせたり、ブラトップやレーシングシャツなどを着用することが多いです。                                        学校やチームで注文を受けている場合が多いのでそこで購入しましょう。

【練習着】

                                      練習着は、陸上用タイツやTシャツ、ハーフパンツやランニングパンツを用意するといいでしょう。       タイツは肌に密着するため動きやすく、筋肉の余分な動きを防ぎ疲労を軽減してくれます。           Tシャツには、気持ちを奮い立たせるメッセージ入りのものもあるのでお友達と揃えたり、お気に入りの1枚を見つけて下さい!学校やチーム、種目によって練習時の恰好は変わってくるので事前に確認しましょう                                                                            

【滑り止めつき陸上用ソックス】

                                        ソックスの裏に滑り止めがついているタイプが多く、シューズと足のズレを防ぎ力をしっかり地面に伝えます。薄くて通気性・軽量性に優れているので、素足感覚でスパイクやシューズを履くことが出来ます。そして、不快なムレを抑えてマメや靴づれなどのケガも防ぎます。